--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年01月16日 (日) | Edit |
英語にも、日本語と同じように同音異義語がありまして、ときどき誤解を生みます。例えば、先日の話。

処置が終わった患者さんを、看護婦さんが飼い主さんのところへ連れてかえろうとしてたときに、まだ体重を量ってなかったことに気がつきました。で、私が

"Oh! Weight!"

と言ったら、その場で固まる看護婦さん。私が「何やってんの?」と聞くと、「だって、待てって言うから」と。そう、彼女は私が

"Oh! Wait!"

と言ったと思ったのでした。納得・・・。

あと、まぎらわしいのが“right”。この言葉には「右」と「正しい」という意味がありますが、例えば左膝のレントゲン撮ってね、と看護婦さんにお願いして、確認のために

"It's left, right?"
"Right."

なんて会話をすると、どっちやねん!という感じになってしまいます。こういうときは“right”じゃなくて“correct”と言えばいいんだけど。

というわけで、たまには英語のお話でした。
スポンサーサイト
テーマ:職場でのできごと
ジャンル:就職・お仕事
2010年08月15日 (日) | Edit |
先日、職場の若いスタッフ(アメリカ人)が、カルテに“bring”の過去形を“brang”と書いていた。

・・・日本人は英語ができないことをやたらと気にするけど、そもそもアメリカ人からしてこんなだから、もっと自信を持っていいような気がする。
テーマ:職場でのできごと
ジャンル:就職・お仕事
2010年05月31日 (月) | Edit |
先日、うちの病院に迷子のゴールデンレトリバーが連れてこられました。見つけたのはうちの病院のクライアントさんでしたが、その人の家では飼えないので、もしスキャンしてマイクロチップが見つからなかったら、このままシェルターに連れて行きます、とのことでした。早速スキャンしてみたけど、やはりチップは見つからず。性格もお行儀もよさそうなゴールデンの女の子でしたが、ひどい外耳炎と皮膚炎があり、このままシェルターに連れて行ったところで、まず引き取り手はみつからないだろうなぁ、と思われました。

幸いボスのお許しが出たので、とりあえずはうちの病院で預かって、耳と皮膚の治療をしてから引き取り手を捜すことになりました。うちの子になるんなら、まずは名前をつけなきゃね。「外耳炎持ちだから、耳に関係のある名前にしよう」とナース嬢。「見つけたクライアントさんが日系人だったから、日本語の名前にしよう」と私。二人の意見を取り入れた結果、わんこの名前は“Mimi”に決定いたしました。ちょっと、我ながら素晴らしくないですかこのネーミングセンス!(笑)

というわけで、Mimiは無事にうちの病院の一員となりました。ていうか、うちには既に犬1匹、猫3匹、オウム1羽、インコ2羽、亀1匹がいるんですが。まぁMimiはあくまで一時預かりということなので、いずれはよい引き取り手が見つかるといいなぁ、と願っております。

Mimi 1
テーマ:仕事日記
ジャンル:就職・お仕事
2010年05月16日 (日) | Edit |
最近仕事の話を全然してなかったので、ひよこまめさんの本職って何だったっけ状態でしたが、一応ちゃんと獣医さんの仕事もしております。 

Opossum 1

こちらは先日うちの病院に連れて来られたオポッサムの赤ちゃん。猫が捕まえてきたらしい。

Opossum 2

連れて来られたときは体も冷たくなっていて、生きてる?って感じでしたが、温めたら無事に元気になりました。よかったよかった。

あまりのかわいさにこのまま飼っちゃおうかと思いましたが、野生動物であるオポッサムを飼うことは違法なので、レスキューの人に引き取ってもらいました。オポ子さん元気でねー。
テーマ:仕事日記
ジャンル:就職・お仕事
2010年01月30日 (土) | Edit |
今日はほんとはお仕事お休みだったのですが、ちょっとやらねばいけないことがあったので休日出勤。で、そのついでに、かねてからやりたいと思っていたプロジェクトに着手してきました。

そのプロジェクトとは・・・スタッフラウンジの大掃除。

うちの職場のスタッフラウンジは、流しと冷蔵庫と電子レンジとコーヒーメーカーとカウチがあるだけのこじんまりしたスペースなのですが、汚れた食器が流しに置きっぱなしだったり、ゴミ箱があふれていたりして、なんだかいつも小汚いのです。私は普段自分の席でちゃちゃっとランチを済ませてしまうので、スタッフラウンジを使うことはないのですが、その散らかりっぷりが常々気になっておりました。で、今週のスタッフミーティングで、いつも食器を使いっぱなしにしているのは誰だという話になって、でも誰も自己申告しなかったので、誰も食器を使わないんだったらもう捨てちゃうよー、ということになりました。おお、スバラシイ!

物を大切に、とか地球に優しく、とかいう世間の流れに逆らっていることは承知であえて言いますと、私は物を捨てるのが大好きです。後で必要になるかもしれないから一応とっておこう、とか言ってるとキリがないので、引越しや大掃除のたびにガンガン捨てます。物が減ってスッキリするのが好きなのです。

どうせ捨てるんだったら私にやらせて!ということで、今日は、ラウンジの棚いっぱいの古い食器や花瓶やその他もろもろのガラクタを、ガンガンガガンと片っ端から捨ててまいりました。段ボール3箱分、ゴミ袋2袋分のガラクタを、2階のラウンジから駐車場のゴミ捨て場まで運ぶのは結構大変だったけど、気持ちよかったー!片づけが終わって、からっぽになった棚を眺めつつ、ひそかにほくそ笑む私でありました。むふふ。でも、今はきれいに片づいてても、きっとまたすぐに散らかるんだろうなぁ、これ。
テーマ:職場でのできごと
ジャンル:就職・お仕事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。