--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年08月15日 (日) | Edit |
先日、職場の若いスタッフ(アメリカ人)が、カルテに“bring”の過去形を“brang”と書いていた。

・・・日本人は英語ができないことをやたらと気にするけど、そもそもアメリカ人からしてこんなだから、もっと自信を持っていいような気がする。
テーマ:職場でのできごと
ジャンル:就職・お仕事
コメント
この記事へのコメント
お邪魔します。

何だかとっても勇気付けられました。ありがとうございます。
コミュニケーションしようと言う"意思"が、何よりも重要ですよね。

…って、個人的なレスみたいになってスミマセン。

お邪魔しました。
2010/08/16(Mon) 22:38 | URL  | そおぷ #-[ 編集]
中学時代、makeの過去完了形をmakenと言って、
その後あだ名がメイクンになった女子がいました。
dangerousをダンゲラスと読んだ子も。

国語力の低下は万国共通なのでしょうね。
でもそのうち新しい過去形に採用されるかも(^^;)
2010/08/19(Thu) 19:41 | URL  | smilekumi #zlAQJbYM[ 編集]
お魚の背景かわいい~。

English 101 College Englishをとった時びっくりしましたよ、大学生の文法のひどさに。しかもこのコース、テストを通らないと入れないコースだったのに。
2010/08/22(Sun) 04:18 | URL  | 祐 #-[ 編集]
そおぷさんへ
まぁこれは極端な例ですが、アメリカ人の英語はほんと文法もつづりもかなり適当です。

smilekumiさんへ
ダンゲラス!
なんかそんな名前の怪獣がいそうです。強そうです。

祐さんへ
お魚、ちょっと夏らしくしてみました。
私もアメリカに来るまでは、ネイティブスピーカーの人々は文法なんて勉強しなくても分かってるのだと思ってました。
2010/08/23(Mon) 15:12 | URL  | ひよこまめ #bXnWkpJ2[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。