FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年12月27日 (月) | Edit |
クリスマスが終わったので、テンプレートを変えました。来年は卯年ということで、ウサギにしてみましたが・・・ちょっとピンクすぎ?

フルートネタ続きでアレですが、このたび新しい教本に入りました。アルテス1巻・2巻のあと、“Melodious and Progressive Studies for Flute”の1巻をやって、今回からは同じ本の2巻です。ついでに3巻も買ったので、しばらくはこのシリーズで行くことになります。これが終わったらいよいよアルテス3巻・・・らしいですが、それはいつの話でしょう。

この“Melodious and Progressive Studies for Flute”2巻には、Terschakとケーラー(Op.33 Book 2)とアンデルセン(なんかいろいろ)とKummerのエチュードが入っていて、内容は盛りだくさんなのに、お値段たったの$14.95。お買い得ですが、「なんか適当にいろいろ集めて本にしました」という、やや投げやり感あふれるアメリカンな教本です(笑)。ちなみに現在はTerschakさんのエチュードに取り組み中ですが、♯が5つ付いていてイヤーな感じ。私は♯より♭のほうが好きなのですが、先生にそれを言ったら、それは吹奏楽部だったからだと言われました。あ、確かにそうかも。吹奏楽はB♭が基本の調なので。

そう言えば、以前ブログをお休みする前にも一度書きましたが、私の耳は未だに吹奏楽仕様になっているらしく、私が頭の中で「ド」だと思っている音はB♭です。なので、ラジオ等から流れてくる曲に合わせてドレミで歌うと、全て1音ズレています。私が吹奏楽部でホルンを吹いていたのなんてせいぜい4年間くらいだし、それ自体20年くらい前の話なのに、何でこの癖は直らないのー?

それはいいとして、今回もう一つ別の教本も始めることになりました。“Leger Domain 52 Top Register Studies for Flute”という本です。これは、ひたすら高音部の練習をするためのエクササイズで、3オクターブ目の音がこれでもかこれでもかと出てきます。3オクターブ目って、楽譜も読みにくいし(加線が3本とか4本とか付いてると、数えないと分からない)、運指も不規則だけど、そこをパッと見てさっと吹けるようになることがこの本のゴールらしいです。なんか道はかなり険しそうなんですけど。

てなわけでがんばります。
テーマ:楽器
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。